Archive for the ‘Other Artist’ Category

pottery Jewelry collection 01 「 私のお守り – my amulet – 」

水曜日, 10月 7th, 2015

 

 

ご無沙汰しております。

 

夏にさせていただいた 新宿ルミネでのイベントのお礼も書けないままに、

すっかり秋になってしまい、申し訳ありません。

 

お越し下さったみなさま、お話させていただいた皆様に心よりのお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

さて、今日は 今月末から開催する個展のお知らせをさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 arie:chroma

pottery  Jewely collection 01

「 私のお守り – my amulet – 」

 

2015  10.27 (tue) – 11.8 (sun)

am.11:00—pm.20:00

 

 

“陶器でつくるアクセサリー” から “陶器のジュエリー”へ。

 

本個展は、これまで陶器を素材としてアクセサリーを制作してきたarie:chromaが

ただ “アクセサリー” としてのおもしろみを追求するだけではなく “ジュエリー”として

成り立つものへと発展していく為の大事なコレクション発表の第一回となります。

 

今回のテーマは「 私のお守り – my amulet –  」

身につけることで自分を守ってくれるような、また 勇気をくれるような

そんな陶器ジュエリーを発表いたします。

 

 

 

 

展示は、フォトグラファーの 山元 彩香 によって撮影された arie:chromaの新しいイメージ写真と

お守りをテーマにした新作シリーズをご用意し、展示販売いたします。( 一部受注制 )

 

また、陶器のアクセサリーが  “ジュエリー” へと変化する為の大きなキーとして、

陶器の部分だけでなく金具も職人と共同制作したオリジナルのものを使用いたします。

新たなステージへと踏み出した arie:chromaの陶器ジュエリーをぜひご覧ください。

 

 

今回、会場にてアクセサリーのご購入 または オーダーをして下さった方には、

展示写真の arie:chroma イメージフォトのポストカードセットを差し上げます。

 

 

私の在廊予定日は、10/27・29・31(夕方まで)・11/1 ・3 (夕方以降)・ 4・ 6・ 7・ 8 となっておりますが、

変更する場合がありますのでご確認いただけると幸いです。

 

 

また、新作などに関する情報は、Instagram などで更新する場合がありますので、

よろしければ、そちらもご覧くださいませ。

 

□  Instagramアカウント @okano_marie  https://instagram.com/okano_marie/

 

 

 

 

では、会場でお待ちしております。

 

 

 

 

追伸.

DMの直接発送をご希望の方は、下記メールアドレスに「DM希望」の旨を

お書きの上、ご住所をお名前を添えてご一報くださいませ。

 

letter@ariechroma.com

 

 

 

 

「 Today’s accessory 」

日曜日, 7月 5th, 2015

 

 

こんにちわ。

 

最近、自分のその日着けていたアクセサリーを撮影する「Today’s accessory」という

企画をしています。

 

UPしているのはInstagram(インスタグラム)上でなのですが、

インスタグラムをしていない方も、PCからでも見れるんですよ。

 

アクセサリーを撮影するという、物撮りの練習を兼ねて始めたのですが、

その日着けていたアクセサリーを見ていると、なんとなくその日の気分が

見て取れるようでおもしろいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日必ず更新している、という訳ではないですが、

始めてからはわりと頻繁に更新しています。

 

もともと私はアクセサリーフリークで、アクセサリーやジュエリーに目がないので

アクセサリーの組み合わせを見ているだけでも楽しいのです。笑

 

もっときれいに写真が撮れるように、しばらく続けたいと思っていますので、

よかったらご覧になって下さいね。

 

 

Instagram (インスタグラム)の私のページは、PCからはこちらで見れます。

https://instagram.com/okano_marie/

 

アクセサリーの企画のみをご覧になりたい方はこちらです。

https://instagram.com/explore/tags/todaysaccessory_orie/

 

 

 

 

 

秋のイベント「 Quirp (クイルプ) 」

水曜日, 10月 1st, 2014

 

 

 

今日から10月ですね。

秋めいた空気がとても気持ちいい季節になりました。

 

 

さて、今日は arie:chroma が、この秋参加する友人主催のイベントのご紹介です。

 

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

N▲TSUKO. presents 暮らしを豊かにするキノコのセレクトショップ「Quirp(クイルプ)」

● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

 

キノコの魅力に取り憑かれたキノコガール N▲TSUKO. が、大阪・阿倍野の

アートスペース+ギャラリー「あべのま」を、キノコいっぱいの素敵ノコな空間にプロデュース。

暮らしを豊かにするキノコのセレクトショップ「Quirp(クイルプ)」を期間限定でオープンします!

 

木彫、陶芸、刺繍 etc…様々なジャンルの作家たちが作り出す、

キノコモをチーフとした作品をセレクトし、展示販売します。

 

是非、「あべのま」でキノコ狩りをお楽しみ下さい*

会期|2014年10月10日(菌)~11月2日(日) の 毎週 菌・土・日曜日

時間|13:00~19:00

会場|あべのま(アートスペース+ギャラリー) 大阪市阿倍野区阿倍野筋4-23-17

 

<参加作家(順不同)>

《Goods|きのこの作品》

arie:chroma (陶芸) / CACHI COCHI(陶器) / DOI Tomomi (アクセサリー・雑貨) /

UUUUU (写真・プロダクト) / nocco.(テキスタイル) / N▲TSUKO.(刺繍・布小物) /

小島秋彦(木彫) / 山根大典(木彫)

 

《Books|キノコの本》

とよ田キノ子  /  堀博美  /  飯沢耕太郎

 

《Sweets|キノコのお菓子》

ドイツ菓子Frau Pilz

 

<N▲TSUKO.>

京都の音楽ユニット「rimacona(リマコナ)」のボーカルとして活動する

柳本奈都子の菌活ネーム。

全曲オリジナルのキノコ音楽アルバム「キノクリ キノクラ / リマコナwith飯沢耕太郎」

のリリースをきっかけに、キノコ雑貨の制作をスタート。

今ではすっかりキノコの魅力に取り憑かれ、ホクトのキノコファンサイト「きのこらぼ」にコラムも寄稿している。

http://kinoko-rimacona.tumblr.com

 

<関連企画>

N▲TSUKO. 個展「MUSH TOPE(キノコの場所)」

2014年11月14日(菌)~12月7日(日)

会場|あべのま

 

キノコワークショップ:「ハギレを使ってキノコブローチをつくる」

11月16日(日)13:00~/16:00~

各回定員5名 参加費1,000円

 

<お問い合わせ>

あべのま(アートスペース+ギャラリー)

Mail:info@abenoma.com

TEL:090-8987-4146

WEB:http://abenoma.com/

 

 

 

と、このような企画になっております。

高校のファッションアート科で一緒だった彼女は、当時からとても歌が上手だったのですが、

今は歌手としてとても素敵な活動をしています。

 

そして、そのかたわら、このような企画や個展もしているんですよ。

 

今回、私はきのこのブローチを出品させていただいております。

そんなに沢山ではないのですが、とてもかわいいDMもあるので、欲しい!という方は、

「Quirp (クイルプ) DM希望」という一言と、ご住所をお書きの上、下記アドレスにご一報下さいませ。

 

letter@ariechroma.com

 

DMをお送りいたします◎

 

 

また、期間中 お近くにお越しの際は、都会の秋の遠足に

一風変わったきのこを狩りにお立ち寄り下さいね。

 

 

 

 

 

金沢へ旅行にいきました

日曜日, 7月 20th, 2014

 

 

 

 

 

すこし お久しぶりです。

ずいぶん本格的に暑くなってきましたが、みなさまお元気でしょうか。

 

 

私は、個展が終わりすこし落ち着いた先月、金沢へ行ってきました。

 

実は 21世紀美術館が出来た頃からずっと行きたいと思っていたのに、

今まで行ったことがなかったんです。

 

ちょうどお休みと興味のある展覧会がかさなったので、今だ!と思い、

美術館をメインに旅行に行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

今回、金沢までは車で行ったのですが、21世紀美術館に着いてまず思ったのは、

割と街中にあるにも関わらず、想像よりもずっと大きかったということでした。

 

わたしが行った日は曇りだったのですが、美術館の中はとても明るく、

もうすぐ10周年というのが信じられない程 きれいでした。

 

 

 

 

平日だったので、人はさほど多くなく、広い空間を満喫できたのが嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

展覧会を見る前に、美術館の中をいろいろ見ていたのですが、

タレルの部屋がフリースペースのエリアにあって驚きました。

 

こんなに街中にあって、心地良いフリースペースがたくさんあるなんて、地元の人がうらやましいです。

 

 

 

 

21世美術館のタレルの部屋「ブルー・プラネット・スカイ」は、直島の「オープン・スカイ」よりは

少し小さいイメージでしたが、それでもこの空に大きく開けた空間はとても落ち着きました。

 

 

 

 

スワンチェアが並ぶライブラリーも興味があったのですが、ここをじっくり見る時間は無く。。。

かなりゆっくりしてたんですけどね。笑

 

 

 

 

私が今回行こうと決めたのは、企画展が21世紀美術館では有名な「スイミング・プール」の

作家 レアンドロ・エルリッヒだったからなのです。

 

 

 

 

「スイミング・プール」同様、展示作品のほとんどが撮影可能だったので、撮影してきました。

 

 

 

 

 

 

なかなかうまく説明できるように撮れなかったのですが、この作品は、

小屋の中の庭の1/4ずつに鏡で仕切られていて、1/4ごとに違う植物が植えられているので、

小屋の周りをまわっていると中の庭がぱっと変わるのです。

そして、その鏡があるというのがなかなかわからなくて、小屋をのぞくと向こう側に自分が見えて、

……?? ってなるんですよ。

 

 

 

 

螺旋階段がそのままの大きさで横向きになっている作品や…

 

 

 

 

自分が映ると思っている正面の鏡は実は吹き抜けていて、

また違う方向(横)には無限に続いているように見えるエレベーターの作品。

(これ意味わかりますかね…?)

 

 

 

 

何枚ものガラスの板に分割された雲の作品。と、他にもまだありましたが、

どれもきれいで、体験できるものも多くて楽しかったです。

 

 

個人的には、やはり写真でずーっと見ていた「スイミング・プール」の中に入って

体感できたことが1番ワクワクしましたし、作品としても「スイミング・プール」

が1番好きかなと思いましたが、この企画展の時に行けて良かったです。

 

「スイミング・プール」の中に入ったら撮ってみたい写真のプランがいくつかあったので

人がいない時に結構撮ってしまいました。

 

これもその一つです。

ちょっとやんちゃしちゃいました。。。

 

 

 

 

 

そんなわけで、21世紀美術館 たっぷり満喫して帰ってきました。

 

宿は山中温泉で、湯畑という川沿いにある温泉の露天風呂に入ったり、

2日目は東茶屋街で遊んで、お買い物もしてきましたし、大満足でした。

 

自分用のお土産には、金沢で有名な金箔とアクリルで作られているバングルを買いました。

(実は、このお店行く前からチェックしてたんですよね。笑)

 

 

 

 

バングルタイプのアクセサリーは少し苦手で、普段あまりしないのですが、

これは軽くて使いやすいので早速、愛用しています。

 

いろんな太さがあったので、細いのを重ね付けとかもかわいいな、、、と悩みました。

気になられた方は、金沢へ行かれた際にはぜひ東茶屋街へ!

 

 

以上、旅のお話でした。

 

 

 

わたしの好きなもの

木曜日, 1月 23rd, 2014

 

 

 

 

 

わたしには、高校の頃からずーーっとかれこれ15年ほど好きなものがあります。

 

 

iichiko のポスターです。

 

 

高校の授業で、コラージュの課題が出て、材料集めをするのに雑誌をめくっていた時に

出会ったのが最初だったのですが、それ以来ずっとファンなのです。

 

高校の頃にはじめて心を掴まれたのは、ポスターではなくてパーソンという企画の、

本の中に見開きである広告だったのですが、(下の写真のタイプのものです)

 

 

 

広告に使われている写真の綺麗さと、

広い白い空白と、

そこに書かれているコピーと(さらにそのフォントの感じと) が、

完璧な美しさだ… と、魅入ったのを覚えています。

 

それ以来、資料の中にあったiichikoの広告は全て私が収集し(笑)、

友達からも「あんた好きでしょ」とどこかで見つけるともらえるくらいになりました。

 

毎月駅に貼りだされるポスターをいつも楽しみにしていて、

時には貼り変えのタイミングでどうしてもお願いしますと言って、何枚かは

もらえたりもしました。

 

 

私は、そもそも広告というものに興味がありますし、

ファッションのブランンド広告なんかは特にチェックしてます。

 

でも、私は今までiichikoのポスターを超える広告には出会ったことがありません。

写真の美しさも、大きさも、紙質も、コピーも、文字の配置も、

やっぱり素晴らしく完璧なのです。

 

私にとってはもはやただの広告ポスターではなく、作品です。

毎月無料でみることのできる作品。

三和種類株式会社さんには感謝の限りです。

 

いつも、必ずポスターの前で足を止めて、じっくり見てしまうのです。

そのとき、ほんの少し時間の止まる感覚がなんとも言えません。

 

大人になって調べたら、なんと1984年から作られているんですよ。

(私の生まれた年!)

ということは、今年30周年なので、何か画集のようなものでも出ないかな?と

密かに楽しみにしています。

 

過去にもiichiko designという画集のような本が出ていたのですが、

絶版で、手に入らないのです、、、悔しいです。欲しい。。。

 

なので、私は時々iichikoさんのサイトで過去の作品を見ているのですが…

ここです↓

http://www.iichiko.co.jp/design/graphic/index.html

 

 

みなさんもこれでiichikoの広告に興味が出たら

(または昔から好きだったら)、ぜひご覧下さい。

 

ちなみに、この素晴らしい広告を作ってらっしゃるのは、

アートディレクター 河北秀也氏

カメラマン      浅井慎平氏

コピーライター   野口武氏

デザイナー      土田康之氏  です。

 

 

 

完全に趣味のお話でした。笑

 

 

 

PHOTOGRAPHER Ogawa Masaki

火曜日, 1月 14th, 2014

 

 

 

 

私の友人で、フォトグラファーをしている小川真輝くんの作品が見られるHP

ができたということで、お知らせさせていただきます。

 

PHOTOGRAPHER Ogawa Masaki

http://ogawamasaki.com

 

 

arie:chromaの作品や展覧会の写真などでも、大変お世話になっている

高校・大学の同級生です。

(この写真もそうですよ!)

 

彼のHPには、私の作品を撮影したものも載せていただいてますが、

他にも沢山素敵な写真がUPされているので、ご覧下さい。

(彼の写真の被写体になっているアクセサリーも、すごく綺麗なものが沢山です!)

 

アクセサリーやコスメのように商品を撮影したものもありますが、

その他にも風景などを撮ったものもあります。

 

とにかく写真が美しいので、ぜひ。

 

 

近年は、iPhoneや携帯のカメラも画質が格段に良くなったりして、

いろんな人が写真を撮ってUPしていますし、さらに、大した写真が撮れなくても

それっぽく見せてくれるアプリなんかがあるので、『なんとなく素敵っぽい』という

写真を作ることが簡単になりましたよね。 ( 私もそれを楽しんでいる一人です。笑 )

 

気軽に写真を撮ったり、楽しむことは全然悪いことではないと思うのでいいのですが、

そうゆう写真を目にする機会も多い中、彼の作品を見ていると、やっぱりプロはちがう!

と痛感させられます。

 

センスと技術。両方伴ってプロだなぁ、、と。

 

というわけで、既に私の周りには、彼の写真のファンが沢山居ますが、

もっともっと沢山の人に見ていただけたらいいなと思っています。

 

 

 

 

直島と豊島に行ってきました。

月曜日, 5月 20th, 2013

 

 

先週、ずっと行きたかった直島と豊島に行ってきました。

 

2つの島のいろんなアートをめぐる2日間。

念願の豊島美術館にも行けて、とてもとても充実した時間でした。

 

今回行った美術館はさすが島につくったというだけあって、

空間の規模がふつうの美術館とは違って、ものすごい迫力がありました。

 

さらに今回は、いい気候にもかかわらず平日だった為か人も少なく、

贅沢な空間作品を存分に満喫することができたのがとてもラッキーでした。

 

 

ということで、今回は写真いっぱいでお送りさせていただきます。

 

 

 

今回は岡山の宇野港から直島へ。

船に乗ることがめったにないので、船の上で写真を撮ったのですが、

日差しがまぶしくて目をつぶってしまっています。笑

 

でもとにかくいい天気で!良かったですー

 

 

直島の宮浦港に着いたらすぐに、草間さんのカボチャが。

黄色い南瓜があるのはよく知っていたのですが、赤もあったんですね。

しかも、こっちの方が大きくて。 穴も開いてました。

 

 

本当は中に入りたかった、『I♡湯』という銭湯。

“ゆ”の文字がかわいいですよね〜

 

 

でも今回はスケジュールと銭湯の開いてる時間が合わなかったので、入れませんでした。

なので、残念ですが外側から写真だけパチリ。

 

ちらっと見えた中側には『I♡湯』グッズも売っていて、可愛げだったんですよ。。。

 

 

直島の家プロジェクトの中の本村ラウンジ&アーカイブに売っていた、フルーツ味のラムネ。

なんてお洒落なパッケージ!

暑かったので、ライチ味を飲みました。美味しかったですよ。

 

 

これは家プロジェクトのなかの『護王神社』

ガラスの階段が美しかったです。

 

 

こちらも家プロジェクトのエリアにある『ANDO MUSEUM』

つい最近OPENしたんですよ。

建築に関しては、全然詳しくないので少し難しかったのですが、

安藤忠雄さんのこの直島にある建築物のラフ画や、今までの仕事などが見られて、

また民家の地下に小さな安藤ワールドがあったりして、一度は行っておきたいという感じの場所です。

 

 

そして地中美術館。

すーーっごく良かったです! が、写真が撮れないので…笑

でもぜひ直島に行かれた際は一番時間を割いて見ていただきたいなぁと思う場所でした。

 

個人的にはウォルター・デ・マリアの「タイム/タイムレス/ノー・タイム」という作品の

迫力に圧倒されました。かっこよかった!

 

モネの部屋は、綺麗だろうな…と思っていましたが、実物の部屋は想像よりもっと素敵で。

ジェームズ・タレルの「オープン・フィールド」という部屋も良かったですよ。

 

 

こちらはお昼を食べた地中美術館のなかの地中カフェ。

軽食といった感じの内容でしたが、オーシャンビューでお茶をしたりできる場所なので、

(外にも出られます)なんだかゆっくりしてしまいましたよ。

 

 

地中美術館の後には、李禹煥美術館に行ってそこから野外のアート作品を見て回りました。

李禹煥美術館は、個人的にはあまり…というか、イマイチ魅力がわからないたぐいの

作品だったので、あっさり見て終わった感じで。笑

 

野外作品も大きいものが多くて、どれも存在感がありました。

 

 

直島といえば!という有名な黄色い方の南瓜。

ここはみなさん順番に撮影されてました。

赤い南瓜より小ぶりでしたが、浜辺にあるこの鮮やかな黄色は、遠くからでも目立っていましたよ。

(夜中にはライトアップされてました)

 

 

今回泊まったのは、つつじ荘というところのモンゴリアンテントのパオ。

友達が以前泊まっていてとても興味をもっていたのです。

 

 

中はこんなに異国情緒漂う雰囲気。

 

 

こんな天井を見ながらこのパオで直島の夜を楽しみました。

 

 

そして2日目。

 

 

高速船で豊島へ。

直島の本村港という港から、豊島の家浦港まで20分ぐらいなのです。

 

豊島美術館は唐櫃港の方に近いので、家浦港からはバスで15分程。

 

 

そして、この旅で一番楽しみにしていた、念願の念願の『豊島美術館』へ。

 

 

美術館の建物までは森の中を巡る回遊路を通っていくのですが、その木の間からも

瀬戸内海が大きく見えて、景色が良かったですよ。

 

 

これが入り口です。

ここも、写真撮影はここまで。

 

中の素晴らしい空間は、ぜひ直に体験して下さいということでしょうね。。。

実際、だいぶ前の日曜美術館で見た時(これでここに絶対行きたい!!!と思った訳ですが)

よりも、やはり自分がこの中に入って体感した方が何倍も感動が大きかったです。

 

 

ここは、豊島美術館のカフェです。

旅行をする上でいろいろと調べているうちに、このカフェの画像を見つけて、

私はメインの美術館の中にこのカフェがあるのかと勘違いするほど素敵で、

ここも楽しみにしていたのです。

 

美術館のミニバージョンの中にカフェがあるという感じですごく好きな空間でした。

 

 

美術館の中もそうですが、中は靴を脱ぐんですよ。

いつかこんな部屋に住めたら素敵でしょうね… なんて想像。

 

 

横のShopスペースにもかわいいオリジナルグッズが沢山!

期待以上にステキなおみやげが買えました♩

 

 

これは豊島美術館のカフェ唯一のフードメニュー「オリーブライス」です。

オリーブの実と、お味噌?のまぜご飯のようなメニューでした。

食べたことのない感じでしたが、あっさりした味でおいしかったですよ。

 

 

そして、豊島美術館でもうひとつ行きたかった『心臓音のアーカイブ』。

クリスチャン・ボルタンスキーによる、世界中の人々の心臓音を集めてアーカイブしている館です。

 

クリスチャン・ボルタンスキーが世界中で採録した様々な人の心臓音を使ったインスタレーション

と、それを個々に聴くことができるリスニングルームがあり、また、自分の心臓音をレコーディング

ルームで採録して、CDブックレットにおさめて持ち帰ることができるのです。

 

せっかくなので、私も自分の心臓音をブックレットにしてもらいました。

リスニングルームでは、世界中のMARIEという名前の人の心臓音を聴いてきましたよ。

すこし不思議な気持ちになりました。

 

ここでは、自分の心臓音をブックレットにして大切な人に贈ることもできますし、

大切な人の心臓音をブックレットにして自分で持っておくこともできますよ。

 

次はお母さんと行きたいなーと思ったのですが、将来自分に子供が出来たら、

子供の心音を録音するのもいいかもしれませんね。

 

 

ということで、豊島では比較的ゆっくりと時間を過ごして、島を出ました。

 

心が洗われるとはこのことか、という感じもしましたし、気持ちがとても満たされました。

またぜひ行きたいです。特に豊島美術館は。

 

 

最後はめったに見ることのない海の夕日をフェリーから見ながら宇野港へ。

 

お天気にも恵まれて、ほんといい旅になりました。

 

次は、金沢の21世紀美術館に行きたいなーなんて早くも思った帰り道でした。

 

 

 

 

plying と コドミカル!

金曜日, 4月 26th, 2013

 

 

さてさて、藤井大丸でのSHOPも残り3日になりました。

早いですねー

 

今日は、先日ご紹介できなかった plyingコドミカルのアクセサリーをご紹介いたします!

こちらも写真は麻里絵ちゃんからいただきました。

 

 

まずはplyingから。

 

 

こちらは、plyingの代表作とも言えるほど人気の富士山ブローチ。

太陽(もしくは月)と富士山の部分は別々に付けられるので、日の出にしたりダイヤモンド富士にしたりと

色々遊べるんですよー♩ あと二色パターンがあります。

 

 

ドットとストライプのアシンメトリーなピアス。(イヤリングもあり)

オーバルの形がけっこう大きいので付けるとインパクト大です。

 

 

ドットとストライプの少しおとなしめなバージョンがこちら。

私もそうですが、plyingのアイテムも、ピアスとイヤリング両方あるものが多いので、

ピアスの空いていない方には◎ですね。

 

 

こちらはピアスしかないのですが、今年気になる方も多いネオンカラーが小さい面積で

取り入れられるので、挑戦しやすい丸・三角・四角のアイテムです。

 

 

こちらはわたしの好きなアイテム、八角ピアス(イヤリング)です。

八角と名付けられたこのピアスは、宝石の形にも見えますよね。

ストライプの幅や面積の違いで、少しずつ表情が違うのがにくいんですよ〜! 結構迷います。笑

 

 

こちらはまた少し雰囲気の違う宝石リング。

私がplyingのアクセサリーを初めて見たのが、この宝石リングのイエローでした。

わたしはこの宝石リングの白いバージョンと、自分のBijouxシリーズを組み合わせて2個付けするのが

お気に入りです♩

 

 

こんなかんじですよ。

 

 

こちらは、カッティングの形が違うアクリルを組み合わせて、光の屈折を楽しむ、クッセツピアス。

ベースのストライプは一面一緒なのですが、見る角度によって見え方が変わるのもとても

おもしろい作品です。

 

 

クッセツシリーズのリングはこちら。

黒はちょっと大人っぽい、きれいな感じです。

 

 

一転、こちらは、いろいろな木の種類とアクリルの表面の削りで表情がつけられているシリーズ。

こんなコアなシリーズもあるんですよ。

これを見ると、男の子特有の感覚だなーという気がします。

他のは男の子がつくってるなんてちょっと信じられないんですけどね!

 

 

さてさて、こちらは藤井大丸から登場した三角の新しいシリーズ。

BREEZEさんで撮った写真とライトの感じが違うので色が少しわかりにくいかもしれませんが、

早くも大人気です♫ わたしも欲しいんです。笑

 

 

こちらも新作、家のブローチです。

黒煙があがっている魔女の家から、ケミカルな紫の煙があがる工場まで。笑

ストーリーもおもしろくって、かわいいですよね。

 

 

plyingのデザイナー、松村くんは建築学科卒業なんですよ。

なので、毎回さすが!な什器を手作りで作っちゃうんです。笑

いやー すごい。。。かわいいなー

 

ぜひぜひお越しになられた際は、そちらにも注目してみてくださいね。

 

 

 

お次は、おなじみコドミカルです。

 

 

実は結構前から登場していたhorahukiとusotsukiのピアス。

独特の形がおもしろくて、これだけでコーディネートの主役になっちゃいそうですよね。

 

 

今回、BREEZEで初お目見えした、tongariピアス。

こちらはスタッズをイメージして作ったという、1つづけのピアスです。

台紙についてる時も可愛いのですが、本人が付けているときはより魅力的に見えますよ◎

 

 

そしてこちらはおなじみtodomeピアス(イヤリング)。

今回白のtodomeがとっても人気なのですが、いつもより沢山のバリエーションが揃っているので、

ぜひいろんな色を合わせてみて頂きたいですね!

 

 

todomeシリーズのリングも。

こんなにかわいいカラーのもあるんですよ!

 

 

渋いグレーのtodomeリングは、はめるとこんな感じです◯

 

 

コドミカルのリングと言えば…な、なまいきリング。

これも春夏っぽい色が揃ってますよ〜

 

 

そして藤井大丸で登場した新作のtaisetsuピアス。

押し花のような花の模様がなんともかわいいです。少しレトロなような雰囲気も。

彼女の作品にはストーリーがあるので、くわしくはぜひコドミカルのBlogでチェックしてくださいね。

 

 

ということで、やっと2人の紹介ができました。。。

なかなかイベント中はBlogを更新するのがむつかしくて遅くなってしまって申し訳ありません。。

 

 

もう、今週の日曜日で、巡回リミテッドショップ『 triad -トライアド- 2 』は終わりますが、

また時間がお有りになる方は、遊びにいらしてください。

 

お待ちしていますー△▽△

 

 

aya tatsubo 『 Chambre des couleurs 色彩の部屋 』

金曜日, 2月 22nd, 2013

 

 

もう2月もあと少しですね。

NEWSには少し書いたのですが、来月3月と4月にせまった期間限定までの日程が

一ヶ月を切っているので、いつもよりすこし焦っています。笑

 

そちらの詳細もすぐにUPしたいのですが、今日はまず友人の展覧会のお知らせを。

 

3/16〜31に、京都の Duce mix shop さんで開催します。

aya tatsubo 『 Chambre des couleurs  色彩の部屋 』

 

 

 

 

じつはこのイベントのDMを、少し前にわたしがつくらせていただきました。

いつもと少し雰囲気を変えたいとのことで承ったのですが、元々DMを作るのが好きな私は、

自分のものとは違った雰囲気のものを考えさせてもらうのが、とても楽しかったです。

 

aya tatsyubo のデザイナーの彩ちゃんは、

中学からの友人で、高校も同じところで一緒にファッションを学んだ友達なのですが、

彼女の作品は当時からつくりがとても丁寧で華やかでした。

 

おととしの5月には藤井大丸で一緒に期間限定shopをしたので、その時ご覧になって頂いた方も

いらっしゃるかもしれませんが、今は、ビンテージやアンティークのビーズやパーツを組み合わせて

華のあるアクセサリーを作っています。

 

パーティーシーンから普段につかえるアクセサリーを、展示販売会という形でお披露目するので、

興味がおありの方はぜひ、会場に足を運んでくださいませ。

 

展示会の詳細はこちらをご覧下さい。

 http://ayatatsubo.blogspot.jp/2013/02/chambre-des-couleurs.html

 

 

 

あー!それにしても、1・2・3月がすぎるのはどうしてこんなに早いのでしょう!

 

わたしも、自分のイベントに向けて制作と準備に励みますね。

詳細も近日中にアップいたします。

 

 

arie:chroma × ASAMI SATO 『旅おんな』

日曜日, 12月 9th, 2012

 

 

今日は展覧会のお知らせを致します。

実はもう来週なのですが。笑

 

大阪にて、arie:chroma のアクセサリーと、ASAMI SATOの写真による合同展示会です。

 

 

 

 

佐藤麻美(Asami SATO)

2007年渡仏。現在パリ在住。

当初、近所に住んでいた写真家Marc ATTALIと劇的な出会いをし、

Marcのもとで白黒銀塩写真のすべて、そして人生を学ぶ。

数回に渡るアフリカへの旅の経験から、今後のアフリカの発展、地球の将来に興味を寄せる。

主に人物を被写体とし、その人の内面が滲み出るような、見る人のこころを打つ写真を撮れるようにと

努めている。

 

 

 

 

地下鉄 長堀鶴見緑地線 ドーム前千代崎 下車 2番出口 徒歩6分

住所:大阪市西区南堀江4-25-1 東芝ビル本館 3F S

お問い合わせ:Info@yellowcultureclub.com

 

 

 

今回は、Yellow Culture Clubによる企画・主催で、

陶器アクセサリーデザイナー岡野真理絵(私)と写真家 佐藤麻美による共同展覧会です。

12/21.22.23の3日間、「旅」を主題に異なる分野のクリエーションの共演を試みる内容となります。

 

 

この展覧会が終わりますと、しばらく関西…というか日本での展示会・展覧会の予定がないので、

今まで作品を見ていただく機会がなかった方には、ぜひ見ていただけたらなぁと思っています。

 

期間は短いですが、アクセサリー/写真作品の販売もいたします。

 

また、期間中は私も会場に在廊している予定ですので、皆様にお会いできれば嬉しく思います。

 

 

今までにはなかった展示方法での展覧会になる予定ですので、お楽しみに!